船で保田漁港「ばんや」に海鮮丼を食べに行こう(入港手続き動画あり)
見出し画像

船で保田漁港「ばんや」に海鮮丼を食べに行こう(入港手続き動画あり)

Googleのクチコミは約5,000件(!)という超有名な食事処「ばんや」。
テレビや雑誌などメディアの常連で、観光客はもちろん地元の方にも人気のお店です。

実はここ、船でも行けるってご存知でした?😲

ということで、bluecodeの社用艇でばんやランチに行ってきました。
浦賀湾にあるマリーナヴェラシスから保田港までは8海里(約14km)、40~50分ほどのクルージングです。

【参照】ヴェラシス ➡ ばんやコースマップ

画像10

保⽥漁協ばんやとは

千葉県は東京湾に⾯した内房にある「保⽥漁協ばんや」は、鋸南町保⽥漁業協同組合直営のお⾷事処。
朝獲れで鮮度抜群の⿂介類をふんだんに盛り込んだボリューム満点の漁師料理を漁協特価でご堪能ください。

※ばんやホームページより

マリーナヴェラシスから保田港へ

ばんやは漁港内にあり、ビジター用の浮桟橋に船を係留することができます。まずは出港前に保田漁業協同組合(保田漁協)へ電話!

画像1

ビジターバースは基本的に先着順ですが、事前に連絡を入れておきましょう。

保田漁業協同組合 0470-55-0528

岩礁や定置網に要注意

画像2

浦賀湾から保田漁港の間にある岩礁や定置網に注意が必要です。平島が見えてきたら減速し、定置網との間をゆっくり進みます。
ばんやの建物が見えてきたら漁港入口はすぐそこ!

画像3

ビジターバース到着!入港手続きへ

画像4

船はビジターバース(浮桟橋)の空いているところに係留します。
「ばんや」の文字と緑の屋根が見えますね!

入港手続きは、桟橋前の建物2階にある保田漁協でおこないます。

画像5

漁協の受付で施設使用届を書き、船サイズに合わせて係留料金を支払います。bluecodeの船は40フィートなので、日帰り料金は3,000円でした。

係留利用料金【日帰り】
~30Ft… 2,000円
~50Ft… 3,000円
50Ft~… 5,000円

ばんや「本日のおすすめ」メニュー

いよいよ、ばんやに入店!
「本日のおすすめ」だけでもズラリ。どれもおいしそうで悩みます😂

画像6

でも今回おすすめはスルー(笑)。海鮮丼、漁師のまかない丼、ばんや天丼、刺身盛り合わせ、天ぷら盛り合わせをオーダーしました。

画像7

画像8

画像9

大満足のランチでした!

また漁港巡りの様子をUPしますので、どうぞお楽しみに。

▼ 浦賀湾→保田漁港 YouTube動画はこちら ▼

「船で保田漁港のばんやに海鮮丼を食べに行きました!」

保⽥漁協ばんや
住所:千葉県安房郡鋸南町吉浜99-5
電話:0470-55-4844
営業時間:平日9:30~17:45(LO:17:00)、土日祝9:30~19:30(LO:18:45)
定休:不定休
【大駐車場完備】

※最新情報はお店にお問い合わせください。
bluecodeへのスキありがとうございます!
海好きが集まる自由なIT会社🛥️🏄「bluecode(ブルーコード)」です。 湘南・横浜エリアの海に関するトピックスを中心に、楽しいと思うモノコトを発信します。